投資を始める女性

投資というと敷居が高いイメージですが、初心者からでも始めることは可能です。投資の成功の秘訣は短期間で利益を出すよりも、長期的に見ていくことが重要です。当サイトでは投資についてご説明いたします。

投資の基礎知識

株式投資の基礎知識としては、まず個別株の売買をするには証券会社で総合口座を作ることが挙げられます。総合口座を作る際には、証券会社から送られてくる書類の他に住民票の写しなどが必要となります。その後、証券会社で総合口座が開設されると、口座へ入金をすることで個別株の売買が可能となってきます。次に株式投資の基礎知識として、個別株の売買は単位株で行うことが挙げられます。証券市場に上場している企業の株式は、100株や1000株単位で売買をするようになっています。売買単位は企業ごとに決められていますが、近年では100株単位の企業が多いです。そのため、株式の売買では100株単位であれば、100の整数倍で注文をすることになります。次に株式投資の基礎知識として、個別株の注文方法は種類があることが挙げられます。証券会社での個別株の注文方法には、成行注文と指値注文があります。成行注文は特定銘柄の購入株価を指定せずに、今の市場価格で株式を売買する方法です。成行注文の中でも証券取引が開始される午前9時の注文は、寄り付き成行注文となります。投資の初心者などでは、寄り付き成行注文を推奨されることが多くなっています。寄り付きでは多く投資家が参加するため、市場価格に即した株価が付くことが多いからです。一方、指値注文は購入したい株価を指定して売買をする方法となります。指値注文では現在株価よりも下の価格を指定することで、有利な価格で購入することが可能となってきます。また、指値注文を出すと、常に株価をチェックする必要がなくなる利点が出てきます。さらに近年では株価が指定の値よりも高くなった時に、買い注文を出す逆指値注文が行える証券会社が増えてきています。投資信託の運用を考える方も多いですが、そもそも投資信託の知識を知らないまま手を出すのは非常に危険です。上手くいけば利益を得られますが、投資額を下回って損することもあります。
最近は個人投資家も増えてきており、普通のサラリーマンの中にも投資を始めようと言う方は増えていますが、自分に十分に知識が備わっているのかどうか、今一度見直してみてください。

■投資信託の解約をお考えならこちら
投資信託の解約について
■詐欺か優良か、新生ジャパン投資の実態を調査しました
新生ジャパンの詐欺